ガガミラノ

ブランドの創業としてはかなり新しく、2004年にイタリア・ミラノで誕生しています

派手な見た目と著名人が装着したことから、一躍人気に火がついたブランドの一つになっています

 

ガガの由来は、1950年代のミラノに遡ります

当時、ミラネーゼの言い方で「ダンディ」(独自の価値観で、細部までの拘りを持ち装う男)を意味しています

腕時計ベルトのプロデューサーと腕時計愛好家としての顔を持つ「ルーベン・トメッラ」氏は、「1900年代の懐中時計にベルトをつけ、腕時計に創り変える」という発想を元に、ガガミラノの時計を誕生させました

 

ハワイ限定 Ref.5010

そのガガの買取品は、マルチカラーのアラビアダイヤルにスモールセコンドが搭載されたタイプで、駆動方式は手巻きになっています

ガガ 5010 文字盤アップ

スモールセコンド上部には、モデル名にある「ハワイ」の文字がプリントされていて、この他にも多数の限定モデルを発売しています

買取時の定価は216、000円

新品購入時には査定価格に影響するボックスや保証書が付属していますので、併せてお持ちいただく事をお勧め致します

ガガ 5010 リューズ

リューズはガガの特徴と言える懐中時計の形状で、解放しての操作になります

 

裏スケ

ガガ 5010 裏蓋

ガガ 5010 限定刻印

リミテッドエディション及び○○○/100の表記から、ハワイ100本限定のモデルと分かります

また、マヌアーレ48の表記から、ケースサイズは48ミリ

5気圧防水となっています

 

革バンドの状態

ガガ 5010 ストラップ

ガガ 5010 ストラップ2

革バンドのモデルは水分が大敵で、使用後に汗を拭かずに置いておくと黒ズミの原因となり、耐久性も落ちますので劣化が早まります

そうなるとバンドの劣化ということで買取価格にも影響しますので、使用後は柔らかい布で汗を拭くことをお勧めします

 

クォーツのマヌアーレ

ガガ 5020 全体

先ほどの48ミリのケースサイズでは大きすぎるという方には、ロレックス・サブマリーナーなどのケースサイズと同じ、40ミリを選ばれる方も多いのではないでしょうか?

駆動方式はクォーツになっていますので、巻き上げる作業はありません

ガガ 5020 裏蓋

裏蓋には、モデル名とケースサイズを表すマヌアーレ40の刻印

さらにこちらには、リファレンスナンバーが振られていますので、お問合せいただく際はこちらの番号をお伝えいただきますと、買取価格のご案内がスムーズに進みます

 

お問い合わせはお気軽に

今では人気や買取価格も一段落したガガミラノですが、デザインが良い珍しいモデルや美品のものは金額も残っていますので、モデル名をお伝えいただくなどお気軽にお問合せ下さい

ダメージの多いものや付属品のない本体のみのものは、減額の対象になりますがお取扱いは十分可能ですので、買取・質預かりを是非ご利用下さい

 

質預かりでご融資はコチラ

質預かりはコチラ

70年の営業実績!
kaitoriitiran_cta

買取店を選ぶ時

広告や便利さだけで決めては不十分です!

資産を売却する訳ですから

買取価格を重視しませんか?

まずはLINEによる無料相談をご利用下さい!

(スタッフによる返信は、水曜日・店休日を除くAM9:00~PM6:45となりますが、受け付けは24時間対応しています)

おすすめの記事