ROLESOR SUB

16613ao

コンビモデルのサブマリーナーは、スポーツモデルでありながらラグジュアリー感がある非常に人気のモデルで、数々のブラッシュアップも行われているため様々なバリエーションが存在します

このステンレスとゴールドを組み合わせたロレゾールは

ROLEXの「ROLE」

ステンレスの「S」

ゴールドを意味する「OR」 となっています

 

バックルの仕様

コンビのサブマリーナーが登場したのはデイト付きモデルの二代目であるRef.16800が発売されてからの事で、初代はRef.16803になります

1989年になると今回の買取品Ref.16613が発売され、2009年にRef.116613が登場するまで20年に渡り生産されました

この間に、外観や偽造品防止対策など、数々の改良が行われています

青サブ 16613 旧クラスプ

旧仕様のクラスプ

青サブ 16613 新クラスプ

改良されたクラスプ

このようにオールステンレスだったクラスプにゴールドが使われることで、一体感が増した仕様になった事は大きなポイントになります

 

横穴の変更

青サブ 16613 横穴なし

ケースサイドにあった横穴は塞がれています

青サブ 16613 横穴

旧仕様はケースサイドに横穴があります

そのためブレスをケースから離す際は、一体型となったフラッシュフィットの裏側からバネ棒を外せるようになっています

その後も、サファイアガラスの6時位置に「王冠透かし」が入れられ、文字盤の立ち上がり部分にはROLEXの文字とクラウンマーク・製造番号を見ることができる「ルーレット刻印」が入ることになります

このことを踏まえると

  • クラスプは新型
  • 横穴はなし
  • フラッシュフィットは一体型
  • ルーレット刻印がある

この条件を全て満たしている仕様のものが、一番高い金額で売却することができるのです

また、文字盤が紫に見える通称「バイオレット」と呼ばれる個体が存在するのも、このモデルならではのポイントになります

 

仕様

メーカー ロレックス
モデル 青サブマリーナー
リファレンス 16613
文字盤 ブルー
ケースサイズ 40ミリ
素材 ステンレススチール×イエローゴールド
防水 100m
ムーブメント キャリバー 3135
振動数 28,800
パワーリザーブ 48時間
機能 逆回転防止ベゼル
参考価格

 

付属品は?

  • 期限が切れていても保証書が重要
  • 調整したバンドのコマも重要
  • 箱も査定対象になります

付属品が有るほど査定は高くなりますが、本体のみでも問題ありません

資産の上昇

青サブなどのスポーツモデルの買取価格は年々上昇しているため、お持ちの方には売り時といえるのではないでしょうか?

状態が良く付属品が残っている場合は、かなりの査定額が期待できるようになっています

ロレックスは資産と言える時計ですので、買取相場が高い時に買取に出してみてはいかがでしょうか?

70年の営業実績!
kaitoriitiran_cta

買取店を選ぶ時

広告や便利さだけで決めては不十分です!

資産を売却する訳ですから

買取価格を重視しませんか?

まずはLINEによる無料相談をご利用下さい!

(登録されてもお店からの連絡は一切ありません)

おすすめの記事